クリーンサプライ「トピックス」クリーンサプライについての様々な話題をお伝えしていくブログです。

耐切創性手袋2015.09.30

クリーンルームで使用される耐切創性手袋の
素材は主に2種類があります。1つはケブラー
に代表されるパラ系アラミド繊維、もう1つは
ダイニーマに代表される超高強力ポリエチレン
繊維です。

この2種類はそれぞれにメリット、デメリットが
あり、使用環境や目的に応じて選ぶのが良いと
思います。

パラ系アラミド繊維の特長は耐熱性があり、
生地表面も滑りにくくなっております。弱点は
紫外線に弱く長期間日光や蛍光灯の光を浴びると
変色して引っ張り強度が低下します。

超高強力ポリエチレン繊維の特長は低発塵である事
です。弱点は熱に弱く生地表面が滑りやすい傾向です。
耐熱性が必要であれば前者、クリーン度重視であれば
後者といったような観点で商品を選ぶ必要があります。

当社ではパラ系アラミド繊維、超高強力ポリエチレン
繊維の両種類で耐切創性手袋を提案する事が可能です。
又、ユーザーカスタマイズも国内メーカーである為
100双から可能です。

もしご興味があればHPからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せ・資料請求

事業概要

クリーンサプライトピックスカテゴリー

月別アーカイブ

経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」認定企業 ソルクレーブのご案内 クリーンサプライのご案内 耐熱バーコードラベルのご案内 クリーンサプライ「トピックス」 耐熱バーコードラベル「トピックス」